3年生になり1ヶ月が経過し,理科や社会など新しい勉強も始まりました。

そんな中,音楽では新たにリコーダーの学習も始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

今回,小川先生を講師にお招きし,リコーダーの持ち方や吹き方などの基本を教えて頂きました。

まず,リコーダーについての説明があり,わたしたちが使うソプラノリコーダーの他に,アルトリコーダーやバスリコーダーを実際に見せて頂くとともに,音も聴かせて頂きました。

音が低くなるリコーダーにつれて,リコーダーの大きさも大きくなることに,子どもたちもとても驚いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に,リコーダーの持ち方や吹くときの姿勢についてご指導頂きました。リコーダーを演奏する時に大事な穴の塞ぎ方を学びました。

しっかり塞いだ指に穴の跡が残っているかを確認しながら学びました。

そしていよいよ正しい持ち方と姿勢で,リコーダーを吹いてみました。

小川先生の後に続き,「シ」の音で練習をしました。その際には「トゥートゥートゥー」というタンギングで吹くことを教えて頂き,みんなで意識をしながら吹きました。

学習の終わりには,曲に合わせながら,テンポを変えながら,練習をしました。

どの子どもたちも一生懸命小川先生のお話を聴き,リコーダーの吹き方について学習をすることができました。

これからリコーダーの練習が本格化します。

小川先生にご指導頂いたことをもとに,きれいな音色でたくさんの曲を演奏できるように,練習を頑張っていって欲しいと思います。